電子カルテユーザーリポート 瀬口 昌敏 先生
医院 開業 物件・クリニック 開業 物件、開業 サポートサイト

お気軽にご相談ください。TEL 0120-633-139
医院・クリニック物件、開業サポートHOME医院・クリニック開業セミナー案内医院・クリニック開業をお考えの方へお問合せY'sJournalとは会社概要
ワイズ・ジャーナル 購読お申し込み



鹿児島県鹿屋市 整形外科医瀬口 昌敏 先生

ただ『出来上がったモノを使ってくれ』ではダメ。その点、ユヤマさんの『前向きな対応』は良かった。

いかに様々な医療現場ニーズに幅広く対応できるかがキーポイント。

「電子カルテのメーカーさんは多いけれど、私たち医師と一緒にシステムを構築していこうという姿勢が大事だと思いますよ。」機能面だけでなく、つい見落としがちな重要なポイントに触れられたのが印象的な、瀬口昌敏先生。商品を選ぶ際に、決してペーパー上の資料やデモンストレーションだけではわからない深いお話についても語っていただきました。

BrainBoxをお選びになったのですけれど、他社と比べていかがでしたか?

「他社さんの電子カルテも色々見ましたよ。整形外科では労災を摘要する患者さんや、自賠責で対応する患者さんなどのケースが他科よりも多いのです。実はこれが出来ていない、対応する気が感じられない電子カルテメーカーが多かったですね。ユヤマさんは、そこに対応していたし、実際にデモンストレーションを行ってもらった時にも、この目で確認できました。それがBrainBoxを選んだひとつめの理由ですかね。」 「それと大切なことが姿勢ですね。他社さんだとすでに出来上がったシステムを、ただ『使ってくれ』という姿勢の一点張りでした。けれどもそれではダメですよ。医院にも色々な診療科があり、医師にも色々なタイプの使い方があるわけですから。だけれどもユヤマさんは、私たちと一緒に開発しましょう!勉強していきましょう!という前向きな姿勢で接してくれました。それが一番大きかったですね。」

いまどのくらいの患者数なんでしょうか?

「だいたい1日で120名前後ですね。ピーク時は午前10時から11時くらいで、多くの患者さんが偏ります。BrainBoxを導入する前は、すべての診察やリハビリが終わってから会計で呼ばれるまでの時間が、おおよそ15分くらいは掛かっていましたが、今では1〜2分以内、長くても5分までですね。私はこれをリハビリ室に端末を入れることで、30秒くらいに短縮できると考えているので楽しみにしています。」

これから電子カルテを導入する先生方にアドバイスを。

「機能や価格ももちろん大事ですけれども、やはり毎日長く使っていくものですから、導入後のフォロー体制というか、メンテナンスをしっかり行ってくれる姿勢が大事じゃないでしょうか」

 

医院 開業 物件・クリニック 開業 物件、開業 サポート|Y'sJournal ワイズジャーナル

お気軽にご相談ください。TEL 0120-633-139
BrainBox 電子カルテユーザーリポート
vol.6 岡田 耕一郎 先生
vol.5 本田 敬宣 先生
vol.4 辻田 達朗 先生
vol.3 坂崎 弘美 先生
vol.2 棚橋 善克 先生